恋活

恋活 20代

これは使える「若さ」

 

20代で恋活をするなら若さを最大限使ったほうがいいでしょう。若さとはよく、武器だといいますが、やっぱり若さを持っている人は恋愛活動もスムーズに進みますね。イベントに参加する際もパーティーに参加する際でもいろいろな企画がありますが、その中で対象年齢が決まっているものも少なくありません。「20代対象」となっていたら、当たり前ですが、20代しか参加できません。男性がどこでも参加できるとしても女性は年齢が決まっていることもあります。若ければ若い方がそれだけで武器になりますので、そのことは理解しておいたほうがいいでしょう。30歳に見えるキレイな45歳か普通の30歳か、どちらがいいのかというアンケートをとったところ、実年齢が30歳の普通の女性よりも、実年齢は45歳でも30歳に見える女性のほうが男性から多くの支持を受けていたということもありますので、そのことは考えておいたほうがいいかもしれませんね。また、意外と男性というの年齢にこだわりを持っていて若い人と結婚をしたいと思っている人が多いようですので早ければ早いほうがいいみたいです。

 

これは使える「仕事」

 

恋活をするにあたって若さは十分に武器になりますが、2つ目に武器となるのが仕事なのです。今は結婚してからも仕事を続けてくれるお嫁さんと結婚したいと希望してる男性は多いので、自立心を持っていて結婚してからも幸せにしてもらおうとか、養ってもらおうと思っていないような人が人気が高いようですので、仕事は武器になるので、頑張りたいですね。

 

恋活は自分について振り返ること

 

20代では自分、人生について振り返ることが大事です。そして振り返ってからこれから先についていろいろと考えるのです。それができればきっと成功しますし、いい人と出会えると思いますし、また自分が理想とする人と出会うことができるのではないでしょうか。まだ若いからいい人がいたら自然にくっつくだろうと思っている人は若いうちが勝負ですからあまり安心している場合ではないですね。若いうちからも真剣に考えておくことが大事ですので、時間は待ってくれませんし、過ぎても戻れませんから早めからアクションを起こしておくことをお勧めします。

恋活 30代

アラサーは慎重に

 

年齢的にもアラサーですから、この年齢からの恋活、これはなかなか厳しいものがあるかもしれませんね。なぜなら30代、それは年齢的にも結婚適齢期をすでに迎えているので、早めに結婚をしたほうがいい年齢でもありますから、恋愛活動をしているよりもむしろ結婚に向けた活動をしていくほうがいい時期にさしかかっているのです。ですから若いころのように手当たり次第合コンに参加したり、誰でもいいのでというような、軽率な行動は控えて活動は真剣に、慎重に行う必要があるといってもいいでしょう。今度の出会いが最後の出会いであり、この人と結婚するかもしれない、それくらい責任を感じつつ真剣に活動をしなければいけません。

 

自分磨きもほどほどに

 

年齢的にもある程度仕事を続けてきて、私生活も充実している人が多いと思いますが、そうなると時間もお金も余裕があるので、恋活も大事だけど30代は自分磨きを大事にしたいと思っている人もいるのです。でも自分磨きに走ってしまうと、何のために自分磨きをしているのかわからなくなるほどそればかりにのめりこみ、気が付いたらさらに年齢を重ねているということもありえますから十分に注意しなければいけないのです。何のための自分磨きをするのですか?人からよく見られたいから?いい人と出会いたいから?色々な思いがあると思いますがやりすぎには注意ですね。やりすぎてそれがメインになってしまったのでは本末転倒です。

 

選り好みしている場合ではない

 

何かと人を見る目も養われていて選り好みしてしまっている人もいるのではないでしょうか。でも選り好みをしている場合ではないのです。人を見極めることは大事です。でも自分に合う合わないとは違って会話もしたことがないのに、その人の経歴や仕事などを見て判断してしまう人がいますが、これはよくありません。年齢的にも選り好みをしたり、理想の条件を詳細にあげている場合ではありませんので、自分のことをわきまえて活動したいですね。どうしてもアラサーは自分のことをさておいて行動してしまい、自分はどうなんだと突っ込みを入れられてしまうシーンもあるようですので、人を相手に活動をする際は注意しましょう。